【ISIL殺害予告】後藤健二氏「私には24時間しか無い」最終通告キタ━━━(゚∀゚)━━━!

おすすめエログロサイト最新記事

entry_img_755.jpg 日本時間で27日の深夜、ISILはサジダ(リシャウィ死刑囚)の24時間以内の釈放を要求。 後藤健二氏はこのまま見殺しにされてしまうのだろうか?


以下メッセージ文の意訳です。
私は後藤健二だ。(妻の名前)、日本の国民、そして日本政府へ。これが最後のメッセージになると言われている。また、私の解放をいま妨げているのは、ヨルダン政府がサジダ(リシャウィ死刑囚)の引き渡しを遅らせていることだけだとも言われた。
 すべての政治的圧力をヨルダンにかけるよう、日本政府に伝えてくれ。残された時間はもはや非常に限られている。
 これは私と彼女(リシャウィ死刑囚)の交換だ。なぜ理解できないのか。彼女は10年間、服役囚だった。私はわずか数カ月捕らわれているだけだ。彼女と私の一対一の交換だ。
 ヨルダン政府によるこれ以上の時間の引き延ばしは、彼らのせいでヨルダン人パイロットが死ぬことを意味する。それに続いて私も死ぬことになるだろう。
 私が生きるために残された時間は24時間しかない。パイロットに残された時間はもっと少ない。
 お願いだから、私たちを見殺しにしないで欲しい。これ以上、引き延ばし戦術を続ければ、私たち2人は殺されることになる。ボールはヨルダン側にある。

エグログ最新記事

Leave a comment

Your email address will not be published.


*